z ultra c6833 root化から文鎮&復活

xperia flashtool スマホ

やっぱり手元に無いと寂しくなる

先日、手放したSOL24。

あってももう使わないかな。と思って手放したわけですが、
無ければ無いで、寂しい。

思わず、ポチっと。オークションで入手してしまいました。

ジャンクもので5,000円+送料。お安く売ってもらえましたね。
電源ボタンが押せない。効かないとのことでしたが、

XPERIA COMPANION を使って、修復してみたら。治った!
すげーっと感動。

直ってなかったのね

不具合はあとはあるかな?と探すと、ボリュームボタンの上が効かない。
起動していてもしていなくても効かない。
電源ボタンは、起動前なら押して起動画面までいっていたので、ソフト面だと思ったけど、これはハード的に無理かも。

まあ、気にしていませんでしたが、
グローバル版のC6833はRAMが16GBと少ない。物足りない。
どうにかandroid6のマシュマロ以上にしたい。SDカードを内臓容量とすれば問題ない。

SIMロックも無く、ブートローダーもロック解除できるし。いいね。

と思っていたのですが、あれボリュームボタンの上が効かないとなると、FASTMODE起動できないのでは???

あ、PCで出来るか!?と思い出し、ADBコマンドにて、

adb reboot bootloader

このコマンド打てば、fastmodeで再起動してくれる。
画面は暗いままだけど、ランプが青く光。

コマンド画面で、

fast boot devices

と打てば接続されている機種が表示される。

なんとかこれで、bootloaderをunlock出来ます。

unlock方法+初期ROM焼き

公式のsony開発のHPにいく。
https://developer.sony.com/develop/open-devices/#overview-content

sony-open-devices

ブートローダーのロックを解除する

左の”ブートローダーのロックを解除する”をクリックすると詳細に手引きつきで載っています。

sony-open-devices -bootloaeder

これで無事にロックが解除でき、いろいろといじる事ができるようになりました。保障対象外になってしまったので、自己責任になります。

フラッシュツールで初期ROMに書き換える

またページの”フラッシュツール”でxperia専用でブートローダーアンロックした人のソフトと使い方が載っています。
このソフトで初期のROMに戻すことが出来ます。

sony-open-devices -flashtools

が、しかし。
今回入手した機種は、初期ロムが「14.6.A.1.236」
他にロットが無いらしい。現在が初期ロム・・・。
もう少し、前のバージョン出してもいいと思うけど、最後に発売したのかね。

flashtools 画面

仕方ないので、他の海外ロムを焼いて見ます。

他の海外ROMを焼く

他の海外ROMを焼くには、通常のflashtoolをダウンロード。
このソフトはみんなが紹介しているので、検索してダウンロード。
使い方も書いてあるので、それで行う。
http://www.flashtool.net/downloads.php
場所だけでもアップしておきます。

ここで、問題がftf.fileが結構無い。そしてあったとしてもウィルス。
探すのに苦労した。
良心的な人が、googledriveにアップしてくれていたのでそれを使う。

c6833ロム焼き
 
Android 4.4.4 KitKat Firmware for Xperia Z Ultra C6833 (International LTE Variant) Archives | Carbon Tesla

rootが取れる。Android4.4.4 KitKat
firmwear 14.4.A.0.108

ftfが入手できたら、flashtoolで焼くのみ。

firmwear 14.4.A.0.108ROM焼き

1.画面、左上の”稲妻マーク”クリック
2.”flashmode”を選択
3.ダウンロードしたファイルを選択
4.右下”flash”ボタンを押す

※注意! チェックする項目は大事です。
wipeはチェックして消します。
Excludeは除外の意味なので、バンドは焼きませんチェックしてもしなくても今回は一緒ですが。念のため。AMSS_FSG,F1,F2に入れます。
あと、PARTITIONはチェック入れます。国際版はどれも16Gですが、国内版は32Gなので16Gとして認識してしまいます。
ELABELはチェック入れるらしいが良く分からん。

 

flashtools

ここまでくれば、後はUSB抜いて、起動させる。

root化

キューブ実験室さんの
ワンクリックroot取得を使わせてもらい、簡単にroot化
http://cubeundcube.blogspot.jp/2014/07/xperiarootgx-z2a2.html

root化

root出来る、ビルドとして表示されています。

rootkitXperia_20140719.zipをダウンロードさせてもらった。
USBデバッグモードでinstall.batを起動するだけ。とても簡単。

これで、root化完了。

 

カスタムリカバリーを導入。

TWRPが使いやすいですかね。CWMはあまり現在更新していないので。
で、今回は、ボリュームの上が使えないので、
NUTのXDADevelopersのダブルリカバリーを使わせてもらった。
これなら、通常上ボタン使用でリカバリーになるところ、上ボタンがCWM、下ボタンがTWRPになるので、好都合になります。

ちなみに、TWRPの起動は、”電源押してからsonyロゴ中に下ボタン連打です。”

-=- [NUT]'s XDADevelopers downloads -=-
The Sony Xperia line supported by from XDA, XZDualRecovery, Cerberus, android, recovery, root, modding, TWRP, PhilZ Touch, CWM, XZDualRecovery Kernel Builder, ...

XZDualRecovery ⇒ XZDualRecovery2.8.26 ⇒ ZU-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip

”ZU”がz ultraらしいです。

そして、タイトルにもあるように。bootloaderの解除できないsol24もこれでOK!
前のsol24もこれで解除した記憶あり。

インストール方法

ダウンロードしてどこでもいいので解凍。
解凍したフォルダーの中の
install.bat
これをダブルクリック

簡単にTWRPの画面が出た。

これでカスタムリカバリーも焼けました。
*このときカスタムロムを端末において置くと二度手間にならないな。

カスタムROMを導入させる。

ここまでやっときましたね。
アンドロイド6.0のマシュマロは日本の赤星さまが作ってくれていました。
http://redstar154.blogspot.jp/2016/06/cm13.0-for-xperia-z-ultra.html

しかし、wifiなどにまだまだ不具合があるみたい。最新はあるのかないのか分からず。
私みたいな人がいじくれるはずもなく、他を探します。

探してみると怪しいものばかり。ウィルスか、または不具合あるかも。海外サイトは信用性があまりもてない。日本の人の書き込みがあまりないので、よく分からない。

cm14の名前もちょっと見えたので、cm14のアンドロイド7.0ヌガーを検索。
ちょっといいのがありそうなので、これをダウンロード。
https://forum.xda-developers.com/xperia-z/orig-development/rom-cyanogenmod-14-0-xperia-z-t3463762
バージョンはandoroid7.1

パッチのopenGAppsもダウンロードしてグーグルのソフトを入れる。
https://opengapps.org/

さてダウンロードも終わったので。入れます。
ファイルの置き場はどこでもいいです。場所は覚えておいておくこと。
私は、内臓のダウンロードフォルダにしました。

バックアップを取る

TWRPを電源ボタン押した後に下ボタンを連打。
緑色のLEDが光り、TWRPの画面に。
Backupを選択
標準のkernel image,system,dataの3つにチェックボタンが入っていればOK!
”backup complete”が表示され終了。

現在のROMを消す
現在のROMの上からインストールすると不具合が出るので、必ずwipeする。

“Wipe”をクリックして “Advanced Wipe”(注意:formatDateは内部初期化)を選択
●チェック入れるもの
・Dalvik Dache
・system
・Cache
・Date
*注意:internal storegeは内部初期化、External SDcardはSDカードの初期化

Karnelだけ焼きたいときは、DalvikDache、CacheのみをクリックしてWipeする

 

カスタムROMを焼く

Installを選択
先ほどダウンロードしたファイルの場所を指定。
cm-14.1-20161216-unofficial-yuga.zip クリック
もうひとつインストールするので、AddMoreZipsをクリック
open-gapps-arm-7.1-micro-20180506.zip クリック
これで”swipe to comfirm Flash”をスワイプする。

あれ???エラー・・なんでだろう。
e:unknown command {log}
e:error executing updater binary in zip ‘/sdcard/download/cm-14.1-20161216-unofficail-yuga.zip’

TWRPのバージョンか。。
バージョンあげるにしても、戻さないと駄目。ならばCM13も試してみますかね。
では、戻しますかね。

戻し方は”Restore”

バックアップしたものを再度戻すのには、”Restore”で簡単に戻せます。
すべてにチェックして。スワイプ。

再起動して。色々なファイルを調達

・cm-13.0-20160605-unofficial-togari.zip
・open_gapps-arm-6.0-nano-20180506.zip(microが無かったのでnanoです)
・twrp-3.2.1-0-yuga.img(現在最新版)

まずはTWRPのバージョンアップに挑戦

検索してみると簡単みたい。
imgファイルをそのままインストールするだけみたい。
やってみます。
installの下方にinstall imagがあったので、クリック。
imagファイルを選択してスワイプするだけ。

しくじった。またしても。バイブが鳴るだけ。。。

戻します。

TWRPのバージョンアップで文鎮に?!

どう考えても、だめでしょ!
ダブルリカバリー入りのXZDualRecoveryに標準のTWRPを突っ込んだら固まるよね。
どれ動かすんだ?!ってなったんだと思う。適当なことするなとスマホに起こられました。

しかし、困った。
PCにUSB接続したら、こんな感じ。

デバイスマネージャーsomcflashdevice

SOMC FLASH DRIVERって何?
端末は電源押しでぶるっとするだけ。一瞬、赤くランプつくかな

文鎮から復活へ
まずは、ドライバーを入れなおしてみるが、なんか対応しないと言われ、拒否されました。
よく分からないので、

FLASHTOOLを起動してFLASH。

だめですね。flashmodeじゃないといわれ、fastboot modeでやってみても、fastbootでもないと言われる。

うーん。。よく分からない。
ネットで検索すると、ハードブリックのショートさせて復活させる方法ばかり。

これはどう見てもソフトブリック。。何とかなりそうなんだけどな。

Emmaで復活したよ
試しに、Emmaを起動させて、USB接続したら、認識した。

Emma

興奮してしまい。そのままインストールしてしまいました。
良かったこれで復活です。

Emma

きちんと完了しました。

USB抜いて起動させました。
おおーーー復活。
そして、ROMもめでたく初期化され「14.6.A.1.236」

再度やり直しじゃ。でも良かった。

コメント