SONY BRAVIA 2回点滅修理 その2

LED点灯 mono遊び

コメントいただいたので、実証します。

今回はその1で教えてもらった、LEDの検査方法で実行してみます。

テスタ(針の)でLEDの断線・短絡を調べる方法

乾電池2個使うテスタを用意し(1個のでは電圧が低すぎる)

抵抗レンジの一番小さい抵抗値のレンジにする。

テスタのリードをLED1個の両端に当てる。

そう テスタ内部の電池でLEDを点灯させるんだ。

LEDの両端の電極は小さいからテスタのリードがうまく電極にあたらない場合

テスタリードの先端をやすりでごしごし 先端をとぎとぎにする。

または 妻に頼んでお裁縫の針をもらって テスタリードの先端につける。

LEDには極性があるので光らない場合はプラス・マイナスを逆にする。

LED1個づつ調べるから時間はかかるが 1台分5分とかからない。

コメント欄から抜粋 ジャンキー様より

本当に分かりやすいですね。

ではやってみます。

テスターバッテリー9V

まず、テスターの電池です。

なんだか、すごいの使っていました。9Vです。普通なのかな???

これなら大丈夫でしょう。

”乾電池2個使うテスター” = 1.5V+1.5V =3.0V だと思うので、

たぶん大丈夫!

リード線の被膜

針は・・怒られそうなので、ヨジリ半田でコーティングです。

実は安いテスターだったので、先が取れてしまっていたので好都合です。

リード線被膜

ちょい。。。いや、かなり下手ですが、なんとかコーティングしました。

LED点検
これは当てる場所も違いますし、光ってもいませんので注意してください。

皆さん。一人撮りはシンドイです。ピンボケでそして光りません。

こんな写真を10枚くらい撮りました。。結構難しい。

方法は、コメントしてもらったように、プラス・マイナスの極性があるので、コンセント側から、あれこれ調べて、この方法だと光ることが確認できました。

  • 右側がコンセント側での配置
  • 赤いリード線(マイナス)は下段右から一つ目
  • 黒いリード線(プラス)は上段3つどれでもOK

で、実際に頑張って撮った写真です。

LED点灯

光っていて見えずらいですが、黒は上段左、赤は下段右を当てて光らせています。

あっさり、犯人が見つかった!!

そしてひとつずつ光らせ検証していったら、ありました。

LED故障
左側がコンセント側。

順調に光っていましたが、残り、20cmくらい?のところで点灯しません。いろいろ当てても光りません。

そして、それ以降(写真で×印をつけた右側)が全て点灯しませんでした。

??どういうこと?

プリント基板を良く観てみると、上段と下段にうっすら、基盤が映っています。

RUNTK4337TP

分かりますかね?

そして、映らない原因を考えてみる。。

現象を検証してみましょう。

  • コンセント側で故障していないのは、テスター当てると光る。
  • 故障箇所とそれ以降は、テスター当てても光らない。

この2つが実際に起こったこと。

これで考えられることはなんだろう。

そもそもテスターを当ててLEDを光らせているのは、

LEDを挟んでテスター電圧?電流?を使って光らせている。

回路図としたら、小学校で教わる、乾電池と電球の関係。ダイレクトに繋がっているから点灯する。

しかし、なんで故障箇所以降は点灯しないのか・・・

コンセント側は、・・・

今日はここまでにしよう。明るいときによく基盤観ないと分からないかも。。。


色々と思考している間に、注文していた商品が届いたので、やってみた。

コメント

  1. アバター ぱしし より:

    先日購入させていただいたヒューズを日曜に交換、無事復活致しました(^^)
    有り難うございました。
    引き続きブログ見守っていきます!
    頑張って下さい(^^)

    • hibizip hibizip より:

      修理、復活。おめでとうございます。
      いやー。直せると言うのは嬉しいですよね。
      2回点滅もがんばります。

  2. アバター らんたいむ より:

    6回点滅の回から楽しく読ませていただいております。
    自分も6回点滅のテレビを入手できそうな宛てはあったのですが、
    一歩踏み出せずにおりました。ですが、参考に修理に挑戦してみたくなりました。

    さて、当方LED関係の仕事をしておりまして、基本白のLEDは青のLEDの上に
    黄色の蛍光塗料を塗布し、白に見せております。
    青のLEDは非常に静電気に弱く、簡単に死にますので静電気には気おつけてくださいね!

    • hibizip hibizip より:

      いやー、関係者さんに読まれているとは恥ずかしいですね。でも見守っていただきありがたいです。
      白色がそんな仕組みになっていたとは、驚きです。
      静電気に弱いんですね。十分に注意ですね。わかりました。
      面倒でもやっぱりゴム手袋ですね。

      • アバター らんたいむ より:

        光は大体RGBの組み合わせで表現しておりますため、厳密に白色って
        ないんですよね!青LEDで黄色蛍光体を光らせるか、RGBを同時点灯させ
        白を表現するか、紫でRGBの蛍光体を光らせるかありますが、
        基本は青と黄色蛍光体の組み合わせです。
        当方も青のLEDには泣かされてます。

      • hibizip hibizip より:

        調べてみました。
        なるほどーーーって思いました。

        http://www.my-craft.jp/html/aboutled/led_genri.html

        青色LEDが発明された時のことも思い出しましたね。
        三色同時発光して白色を作っているものだと勝手に思っていました。

        色々な方法があるんですね。
        すごい技術ですね。

  3. アバター ごん より:

    スマホをフレキホルダーに付けて、長回しで動画撮影しておき、
    静止画切り出しアプリを使うと捗ると思います。(^_^)

    都度、撮影すると面倒ですし。
    (スマホの空き容量は必要ですが)

    「ブログ スマホ動画 静止画」などで検索すると、こちらも色々あります。

    • hibizip hibizip より:

      なるほどみんなこうやって撮影しているのですね。
      Youtuberみたいだ
      無縁と思いつつも近付いていたのですね。修理動画は好きですが、センス入りそうですね。
      色々と武器が広がり楽しいですね。
      有り難うございます。

  4. アバター ごん より:

    2回点滅編も楽しみにしてます。
    頑張って下さい!

    スマホの撮影がしんどいとの事ですが、アマゾンで
    「スマホスタンド」「フレキシブルアーム」などで検索すると色々出てきますよ!
    こういったものを活用されてみては??

    • hibizip hibizip より:

      応援&助言有難うございます。
      なるほど、いろいろとあるものなのですね。

      ほんとうに、素人丸出しなので、助かります。
      早速検索して、検討させてもらいます。