rawprogram.xml と patch0.xml を作ってみる

rawprogram.xml と patch0.xml を作ってみる スマホ

みなさんは大事なスマホを文鎮にしたことありますか?

はい。私はしました。弄くらないと楽しくないので、
スマホの文鎮はみんなありますよねー。

でもsoftbrickならまだしも、hardbrickとなるといろいろと準備が必要になりますよね。

hardbrickに必要なものソフトを紹介します

hardbrickはちょっとやそっとでは直りません。いろいろなソフトが必要なのです。

そして、そのリカバリーソフトで必要になるファイルも存在します。

そのファイルが、
rawprogram,xml
patch0.xml

これが自分にあったのがないのですよね。

だから作成方法を探してみました。なんとかあり自分も試してみましたので、覚書です。

LG Firmware extractor が必要になるのでダウンロードしてください。

またLG端末のTOTまたはKDZとDzのファイルが必要です。ネットなどで誰かが公開していると思うので探してみてください。

やり方

  • LG Firmware extractor を起動します
    • totかkdzとdzのファイルを指定します
    • Extract KDZ EctractDZを指定して、ファイルを作成する(totファイルの場合は必要ない)
    • Merge System-binを押してファイルを作成する
    • PrimaryGPT_0.binが作成された。
    • 新しいフォルダーを作成してコピーしたPrimaryGPT_0.binを入れる
  • Qualcomm Premium Tool を起動する
    • keyの設定して使えるようにする
    • eMMCタブをクリックしてコピーしたprimaryGPT_0.binを指定する
    • その下の小窓はRAMサイズです端末のRAMを指定してください
    • ファイル全てをクリックして選択します。
    • Extract Patitions と Extract Firmware をそれぞれクリックしてファイルを作成します。
    • 新しいフォルダーにrawprogram.xml と patch0.xmlが作成されます

以上が方法となります。

コメント