Rakuten mini のバンドを書き換え、Band1を復活させる

スマホ

大好きな小型端末が日本でも発売されましたね。

随分遅れての飛びつきですが、結構この大きさ癖になりますね。

バッテリー持ちはそんなに期待していないので、一日持てば十分。

自分は2台持ちなので、この大きさはとても助かります。

LINEも出来るしメールも読めるしMAPも機能する。

ちょっと前まで、XperiaSX使っていたので快適です。

しかし、このRakuten mini 思わぬ施策が・・・バンドが色々あって、現在販売しているのはBand1が削られた端末のみ。どうやらドコモで使ってほしくない様子。

まだまだesimは普及していませんが、政府も推奨しているし、乗換え手数料を無料で出来るシステム。Band1が使えることに越したことは無い!

色々な人が、Band1を復活させてくれているので、それに習ってやってみます。

まずは準備

準備をしましょう。

まずは端末の設定です

端末設定

ビルド番号を7回連打して開発モードに入れる。

 設定 ⇒ 端末情報 ⇒ ビルド番号を7回連打 ⇒ 開発モードになる

デバッグモードにする

設定画面に戻りシステムを開く ⇒ 詳細設定 ⇒ 開発者向けオプション ⇒ USBデバッグをON

これで端末をデバッグ(外部から弄れる)状態にできました。

続いては、NV領域を呼び出すための操作に移ります。

google playからActivity Launcherをインストールする。

Engineer Mode で編集する

Engineer Modeをクリックして開きます。

色々な操作が出来るモードがあります。

一番上のBand Modeはこの端末がソフト的に対応しているバンドを表示できます。

Debug Featureを選択します

Debug Featureを選択して、NV領域のRAMに侵入できるようにします。

USB DEBUGの操作

Debug Featureを選択後、画面の下の方に”USB DEBUG”という表示があります。その中の2つの項目を操作します。

USB DEBUGの2行

・persist.sys.usb.config

・persist.sys.usb.config.extra

この二つの項目を操作します。

◆ persist.sys.usb.configのファイル

  diag,serial_cdev,rmnet,dpl,adbをクリックして選択します。

◆ persist.sys.usb.config.extraのファイル

  serial_smd,diagを選択します。

選択すると、表示が変化します。

これで端末の準備が出来ました。これで、パソコンで端末の中身を操作できるようになりました。

パソコンの準備

パソコンでの操作に必要なものは、

  • QPST:バックアップに使用します
  • QXDM:NV領域の書き換えを行います

二つのファイルをインストールして置きます。

端末をパソコンに接続する

端末をパソコンと接続します。

スムーズに、COMポート認識して、DIAGモードになればいいですが、結構なりません。

そんな時は端末の操作をしてください。この画像もなってません。

端末の上部から接続状況と呼び出します。

Andoroidシステム この端末をUSBで充電中 タップしてその他のオプション・・・・をクリック

端末接続を データー転送なし ⇒ ファイル転送 ⇒ データー転送なし と選択してください

このようにすると、COMポートで認識できました。

QPSTの準備をしよう

まずはインストールです。

指示に従ってインストールしてください。ソフトが見つからないようならダウンロードしてください。

QPST_2.7.496

QPSTでのバックアップ

パソコンと端末を接続して、QPSTを起動して下さい。

あとは写真の指示に従っていきます。

メニューからSoftware Downloadをクリックします

完了したら、QPSTは終了して大丈夫です。

QXDMでNV領域を書き換える

次に、QXDMをダウンロードしましょう。いろいろなところに落ちていますが、結構ウィルス入っているのものも多いかも。釣りサイトも多いですね。

自分が持っているものもウィルス入っているかも。それでも欲しい人は、ダウンロードしてください。

QXDM_3.12.714

インストールしたら、QXDM Professionalを開きます。

これで設定は完了しました。

端末をパソコンから外して、再起動させます。

以上でLTEのBand1追加、無事にできました。

今度はWCDMAのバンドも復活させようと思います。

またsoftbankに対応出来たら面白いなーーって思っていますが、ハード的に難しいかもしれません。

やっては見たいと思っているので、また記事にします。


追加。やってみました。

CDMAのバンド追加方法はこちらをご覧ください。

更に、詳しくNVバンドについても調べてみました。

Softbankのバンドも追加してみた。

コメント

  1. なぁば より:

    ありがとうございました!!
    無事にダウンロードしてバンド書換できました。
    感謝、感激です!!
    (参考までに)
    PCの日付を操作しないとライセンス切れで操作できなくなるようです。
    また、1度起動しちゃうとその時の日付を持つみたいでアンインストールしてもダメでした。
    インストール歴の無いPCを2020/6/10にして入れたらうまく行きました。

    • hibizip より:

      無事にダウンロード出来てよかったです。

      貴重な情報ありがとうございます。
      日切れしてしまうのですね。
      ライセンス認証面倒ですよね。

      次回使うとき注意しておきます。

  2. なぁば より:

    突然のコメント、失礼します。

    私もRakuten mini のバンドの書き換えを試したくて、QXDMのアップを心待ちしておりました。
    (こっそり見ていて、すみません!!)
    ダウンロードしようとしたところ、アクセス権が必要と言われアクセス権のリクエストを押してしまいました。
    もし可能でしたらアクセス権をフリーにして頂けないでしょうか?
    図々しいお願いですが、よろしくお願いします。

    • hibizip より:

      有難いです。
      診てくれている人がいるだけで嬉しいです。
      感謝です。

      すいませんでした。あまりドライブとか使ったことが無いので、四苦八苦しました。
      多分これで大丈夫だと思います。

      試してみてください。

    • バルキス より:

      無事全てのバンドを復活させることができました。
      ありがとうございました!

      ところで私もQXDMライセンス切れの罠にかかってしまいましたが
      一旦アンインストールし、日付を2020/6/10に変更後、レジストリエディタでHKEY_CURRENT_USER¥Software¥Qualcomm¥QXDM Professionalを削除後
      再インストールを行うと無事起動できました。
      既にご存知のことだったかも知れませんが、ご参考までに記載しておきますね。

  3. hibizip より:

    先程、改めてアップしてみました。
    良ければ、使用してみてください。

  4. こたろう より:

    助けてください。
    QXDMのリンク先が1kしかなくて開けません。

    • hibizip より:

      すいません。今気づきました。
      ただいま確認しましたが、何だがエラーになっていますね。
      今度、再度アップします。
      しばらくお待ちください。

タイトルとURLをコピーしました