イナバ物置に棚を自作した!!

mono遊び

イナバ物置を持っている人は知っていると思いますが、純正の棚は値段が高い!!

安全性や耐久性・耐荷重など考えたら買った方が良いのは百も承知!

でも、粗末でも耐荷重があまりなくてもいいので自作したい!と思う人は多くいるはずです。

そんな人のために、というか自分のために、試行錯誤してやってみました。

まずは部品の検討

まず、イナバ物置の純正金物。

これが高い。1個306.25円。(安全性を考えたら安いんですけれどね・・・・)

棚が1枚6600+送料1100=7700円 

(耐荷重も100㎏以上は耐えられるので安心ですけど・・・・)

棚板を追加するのに、どうしても1万円はしますね。

どうにかできないか?

金物の寸法を測ってみた

金物の寸法は・・結構小さい。。今度図ります・・・忘れました。。。

となっている。

金具の差込口の形状は

そして、受柱の差込口の形状は、横13㎜×縦5㎜ 間隔は100㎜

部品を調べて購入してみた

いろいろなホームセンターに行きましたが、同じようなS字?の金物は結構ない。

大きいものならあるが、s字の金物自体の存在が少ないです。

そうなると考え方を変えないといけません。

・・・・・・

(色々と実は試行錯誤しております。付きませんでした・・・)

思案して、L字金物を見つけました。

これで試してみようと。

サイズが48×48×幅12

取り付けてみた

案外、行ける。想像した通り。

金具だけでは、イナバ物置純正のように安定はしませんが、棚板の前に算木をビス固定すれば安定する気配在り。

これはいい感じ。

・・・・

でも、もう少し長さが欲しいな。棚板の掛かりが少ない感じがします。

再度、金物を購入。

今度は一回り大きいものを購入しました。

これなら、行ける。これ以上の金物もありましたが、寸法が合いませんので、これが最大級見たいです。

この金物はどこのホームセンターにも置いてありましたので、だれでも購入できるのではないかと思います。

サイズは45×45×12

早速取付しました

早速取り付けましたが。どうでしょうか?

良い感じじゃないですかね。

金具には更に上の大きさもありました。

写真間違えましたね。60×60×12が正解です。

この金具でも差込口は入りそうですが、折れ曲がりまでの飲み込みが難しそうなのでやめました。45mmくらいが何とか入る長さなのかなっと思います。

これで棚を作っていきます。

分かりにくい写真でスイマセン。壁にくっついている木が算木です。金具に取り付けてあります。上からの過重には十分耐えられます。

金具の耐久度にも拠りますが、上からのみの耐荷重が有れば可能だと思います。

算木と棚板を固定すれば、曲げモーメントも発生しずらいと重いので、結構な過重を耐えられるのだと思います。(純正よりは劣ると思っています。)

棚を作成していきます。

棚を作成します。

今回は、正面奥、側面に棚を作成したいと思います。

まずは、正面奥の棚作りです。

汚いのは、すいません。

続いて、側面の棚作りです。

イナバ物置に自作の棚を作成する!

こんな感じで作成できました。

いかがでしたか?

センスがないので見栄えは最悪ですが、安価な金具で棚は作成できます。

棚板にお金を書ければ、もっと落ち着いた良い感じになるのではないかと思います。

是非とも、みなさん試してみてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました